東京都指定事業児童発達支援 

       

       ~一人ひとりの可能性の芽を育てる~

      ☆その子がその子らしく活動できる場を提供します

      ☆子どもたちから学びます

      ☆子育てのパートナーになります

 

お子さんのこんなお悩みはありませんか?

 

『2歳なのに言葉がまだまだゆっくりで心配・・・』

『椅子に座って食事ができない、そろそろ入園なのにどうしたらいいのかしら?』

『一つのことに夢中になってしまって・・学校へ入ったらみんなと一緒に行動できるのかしら?』

どこに相談したら良いか分からない・・

こんな些細な不安をどこに相談したらいいのか分からない・・

 

        というお母さま、是非一度ご連絡ください。

        ピアメンターや専門職員が一緒に考えていきます(^^)/

 

 

 

    【 療育プログラムのご紹介 】

  

~発達のトータルバランスを高める療育をいたします~

 

 プログラムは様々な要素を取り入れ個々の発達を促します。

 

感覚統合 状況に応じてうまく行動できる力を育みます。

ビジョントレーニング 眼を上手く使う事で眼球運動や視機能の発達を促し、

            集中力やイメージする力、運動力、などを養います。

            学校での学習とも深く関わっています。

リズムとからだ 心と脳の発達と身体の成長を促す音楽プログラムです。

      ※自由時間やプログラムの中でお友達やスタッフと関わりを持つことで、

       ソーシャルスキルを養います。

 

   プログラム例① 「言われたことをすぐ忘れてしまう」タイプのお子さんには・・・

            プログラム名→なにがなくなったかな?(短期記憶力の向上) 

            内容→ホワイトボードに貼った何枚かのイラストを見せて、

               一つ(二つ)抜き取ったあと「なにがなくなったかな?」

               と問いかけ、順番に答えていきます。

 

   プログラム例② 「言葉の数が少ない、物の名前をもっと習得したい」

                             タイプのお子さんは・・・

            プログラム名→ことば

            内容→あいうえおカードで、「ひまわり」の文字を並べ、

            絵と文字を一致させる。さらに「お花の種類」を単語と絵を

            用いて確認し、お花にかんする言葉を増やします。

           【発展】カードで「なつ」「あき」の文字を並べて、気温の違い

               や、それぞれの季節の虫・食べ物について考える。                                                                                                                                                 

               こうして夏・秋などの概念を学びます。

      

   

 

ただいま 体験受付中!

 

まずはお問合せください。

ピアメンターがお話を伺います。

また、お子様とご一緒の見学やプログラムの体験を受け付けております。

 

☎ 042-683-0680(直通)

母であっても 我が子の凸凹の特性を理解してあげられないことがありますよね。集団の中でうまくかない我が子を見て、受け入れられないことも・・・。

その子の得意なことや苦手なことを理解し、育てていく事はとても大切。

           幼児期に気づき、育てることでその後の成長は大きく違ってきます。

 

          わんぱくキッズでは、発達サポーターや言語聴覚士による療育プログラムに沿った、グループ療育を行います。お子さんの凸凹の特性に配慮した丁寧な環境作りを致します。お母さんのお悩みやご相談にはピアメンターがお話を伺います。