各種講座のご紹介

   

   子どもを変える? 

    いえ、私たちの変化が子どもを育てます

 

 見えない部分の「凸凹でこぼこ」や

情緒のアンバランスさを抱えるこの子たち。

その子の「物差し」を周りの大人が知り、

生きやすくするためにサポートすることが、

なによりも成長につながります。

       まずは大人が正しい知識を持つこと。

     そして、この子の親として、サポーターとして

          自分はどう生きていくのか?

    という根っこの部分をテーマとして学ぶ場を作っています。

 

『やる気を引きだす魔法のしつもん』

             (大人向け)

 

  しつもんは答えを引きだします。

日常の会話や声掛けにすぐ使えるしつもんです。

 

 

       日 時:9月4日(月)10:00~12:00 

       会 場:かたつむりルーム(みなみ野) 

 

       対 象:凸凹を抱えるお子さんの保護者 

       参加費:600円・かたつむり会員500円

 

                                                                                    

 

 

『子ども向け性教育講座

          (子ども向け)

自分に命「生」と「性」。丁寧な性についてのお話です。

 

 

日 時:11月4日(土)13:00~15:00         

会 場:かたつむりルーム

 

           対 象:凸凹を抱えるお子さん(小学5年~中学生)

           参加費:1,500円・かたつむり会員1,200円

 

           定 員:15名

 

 

 

 

 

 

    「個性を強みに変える」  終了しました

~我が子・自分発見 ワークを通して~

 

 日 時:7月10日(月) 10時~12時

            対 象:どなたでも

            講 師:小室裕美 副代表 ibマッピングインストラクター

            参加費:1.200円 会員1.000円

 

 考えよう! 発達に凸凹のある子どもの「性」と「生」終了しました 

              ※先着順で〆切です。お早めに!


   ◆日時:4月20日₍木₎ 午前10時~12時     
   ◆定員:25名
   ◆講師:日暮かをる先生
    (障害児学校・高等部元教員、子どもの実態から性教育に取り組む)
   ◆受講料:会員1,200円 非会員1,500円
   ◆申し込み:電話 042-683—0507 
         メール decoboco-katatsumuri@katatsumuri2007.org

 

 

子育て応援ひろば   終了しました

 「知っておきたい発達障害

  ~正しい理解と支援で毎日がもっと笑顔に」

   講座名 「先輩ママと話してみよう、子育てやいろいろな悩み」

   日 時 平成28年11月16日(水) 10時~12時

   会 場 八王子市生涯学習センター(クリエイトホール) 10階 第2学習室

   定 員 40名(先着順)

   申し込み・お問合せ先 生涯学習支援課(八王子市生涯学習センター)

              ☎ 042-648-2231

              FAX 042-648-2151

 

  ★かたつむりピアメンターが講師として参加致します。

   西村代表の子育てスピーチと、ピアメンターと参加者との

   交流ワークショップです。

 

          

    「ibマッピングお茶会」

           ~自分の思いを知ろう~  終了しました

  日々子育てに追われている私たち。子ども、家族のことではなく「私」を

  見つめる時間を持ってみましょう(^^♪

      日 時 2016年11月9日(水)10~12時
      会 場 かたつむりルーム
      講 師 小室ひろみ ibマッピングインストラクター
      参加費 会員1,000円  非会員1,200円
      定 員 10名
      持ち物 筆記用具
  申し込み  decoboco-katatsumuri@katatsumuri2007.org 

     《わたし達は、日々様々な出来事があり、また様々な情報を五感を

     使ってインプットしています。日々の体験や、情報に基づいて日々

     5万回の思考をしていると言われています。
     ところが5万回も思考していてもそれをアウトプット(話す)機会は

     あまりありません。
     ib マッピングは、簡単な質問からアウトプットを促します。聞き手と

     語り手、二人で行うココロの整理術で、カウンセリングや様々な場所

     で実践されています。(おのころ心平著 ibマッピング 参照)


     話したことを一枚のシートにまとめます。
      自分の話した言葉が文字として残っていく、ということ
      つまり聴覚と視覚の相乗効果で、思考の整理が進んでいきます。
      話す事で思考が整理されていくと本当の自分は、

      今何をのぞんでいるのか?ということが明確になってきます。》

      お茶会では、短い時間ですがマッピングを体験し、

             自分の思いを整理する体験ができます